教えて!信用保証情報+Plus

毎月の返済負担額の軽減と新たな資金付けが同時にできます。

 「現状の返済額以上に返済をしていくことはできないけど、新たに追加資金が必要」とか、「追加の資金は必要ないけど、毎月の返済額を軽くして、資金繰りに余裕を持たせたい。」といった要望をお持ちの事業者の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 このような場合、「借換」を活用してみてはいかがでしょうか?借換は、今ある複数の借入金を1本にまとめて、長期で返済することによって毎月の返済額を少なくし、資金繰りの安定を図ることができます。新たな資金を上乗せして借り換えることも可能ですので、返済負担を増やさずに資金を調達することができます。

たとえば、上記のように現在3口の借入があるとしましょう。
これを保証期間10年で1本化し、さらに新たな資金400万円を加えても、毎月の返済額は175千円となり、409千円の負担軽減が図れます。

※借換前の保証制度によっては、借換ができない場合もございます。