多様な手法で資金を調達したい方へ

流動資産担保融資保証(ABL)

事業者の皆さまの資金調達手段の円滑化と多様化を図るため、売掛債権と棚卸資産を担保とする保証制度となります。不動産担保によらない資金調達手法として、積極的に推進しております。
ABLを利用するメリットが大きい企業の例としては、流動資産の規模が大きく、その運転資金の調達ニーズが大きい企業が挙げられます。例えば、事業拡大期にあり、急成長をする局面にある企業や、売上の季節的要因が大きく、仕入と販売のタイムラグがあるため、一時的に在庫や売掛金を多く保有する事業者が考えられます。

  • 不動産担保に依存することがなく借入が可能となりますので、資金調達力が改善されます。
  • 一般の保証限度枠を超えて借入をすることができます。
  • 金融機関との関係が強化され、より柔軟で迅速なサービスが期待できます。
保証対象者売掛債権や棚卸資産を保有する事業者
なお、棚卸資産を担保とする場合は、法人に限ります
資金使途運転資金・設備資金
保証金額2億円(借入限度額は2億5,000万円)
保証期間1年以内
貸付形式当座貸越、手形貸付
貸付金利金融機関所定利率
担保・保証人当座貸越の場合:売掛債権と棚卸資産
手形貸付の場合:売掛債権
保証人 原則、法人代表者以外は不要
信用保証料0.68%
その他ABLは一般の保証制度と違って、上記のほかにも固有の取扱いが多数あります。ご利用にあたっては、当協会や金融機関にお問合せください。

ご相談窓口

本店

0120-970-260

吉田支店

0555-22-0992

平日 9:00~17:00(土日・祝日は除きます。)

相談申込書

相談を希望される方は、添付の申込書に必要事項をご記入いただき、電話またはFAXにてお申し込みください。