SDGsの取り組み

SDGsとは

 SDGs(Sustainable Development Goals)とは、持続可能な国際社会の実現のため、2030年までの目標を国連が定めたものです。社会が抱える問題を解決し、世界全体で2030年を目指して明るい未来を作るための目標で、17のゴールと169のターゲットから構成されています。

山梨県信用保証協会SDGs宣言

 当協会は、令和4年10月1日に「山梨県信用保証協会 SDGs宣言」を行いました。信用保証を通じて、SDGsが目指す持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

【山梨県信用保証協会 SDGsへの取り組み】
山梨県信用保証協会は、「中小企業の振興と地域経済の活力ある発展に貢献する」という基本理念のもと、国連が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)の趣旨に賛同することを宣言し、信用保証を通じて、地域経済の持続的発展に貢献いたします。

SDGsの目標達成に向けた取り組み

 令和4年度の取り組み

  令和4年度SDGsの取組内容.pdf

山梨県とのSDGs推進に向けた連携協定締結

 当協会は、山梨県内のSDGsの取り組みを推進し、持続可能な社会の構築を図るため、令和4年9月8日に、山梨県と『「YAMANASHI×SDGsチーム」の推進に向けた連携・協力にかかる協定』を締結いたしました。
 「YAMANASHI×SDGsチーム」は、山梨県・プラットフォーム形成団体・登録企業が相互に共鳴し、山梨県全体でSDGsの取り組みを推進していく枠組みです。
 当協会は、プラットフォーム形成団体として、SDGsに取り組む企業等の取り組みを支援し、山梨県におけるSDGsの浸透および地域社会の発展に貢献しております。

【連携内容】
  1. やまなしSDGs登録制度について、チラシを掲載するなど当協会のホームページ等により周知。
  2. 登録企業のSDGsの取り組みに資する資金需要に対して、当協会の信用保証制度や山梨県の制度融資を活用するなど、信用保証を通じた金融支援。

※やまなしSDGs登録制度とは
「やまなしSDGs登録制度」は、県内企業等のSDGs達成に向けた取り組みを促進することにより、企業等の価値の向上を図るとともに、企業等と協働した地域課題の解決を図る体制を築くことを通じて地方創生の取り組みを推進し、持続可能な山梨県を実現することを目的としています。
詳しい内容は、山梨県知事政策局政策企画グループホームページ(https://www.pref.yamanashi.jp/seisaku/sdgs/touroku.html)をご覧ください。

SDGsに取り組む中小企業を応援するための保証制度

SDGs社債保証