情報公開

中期事業計画

 

第5次中期事業計画(平成30年度~平成32年度)

山梨県信用保証協会は、当協会に寄せられる期待に応えるために、黒子から「顔の見える協会」への変革を目指し、平成30年度から32年度までの3ヵ年間における業務上の基本方針として、以下に掲げる事項を主要項目として取り組みます。
(1)中小企業・小規模事業者の経営改善・生産性向上に向けた取り組みの推進
  • 金融機関本部や営業店と密な対話を重ね、中小企業融資に対する金融機関の考え方等の把握に努める。
  • 金融機関と連携した金融支援の現況について、協会内で認識を共有する。
  • 中小企業・小規模事業者に対する金融支援を適切に行うため、金融機関と連携した保証利用促進を図る。
  • 金融機関との連携を強化するための保証制度の開発・提供を行う。
  • 金融機関営業店訪問により、融資担当者との対話を通じ連携強化を図るとともに、個々の中小企業・小規模事業者の状況に応じた支援方針把握にも努め、情報の蓄積を行う。
  • 相談窓口を設置し、中小企業・小規模事業者が抱える諸課題に親切・丁寧に対応する。
(2)中小企業・小規模事業者の経営支援・事業再生の促進に関する取り組みの推進
  • 個々の中小企業・小規模事業者の状況を勘案しつつ、必要に応じて経営サポート会議等を開催する。
  • 金融機関や関係機関と連携を図る中、中小企業・小規模事業者が必要とする専門家派遣等を実施する。
  • 再生期の中小企業・小規模事業者に対しては、事業再生計画実施関連保証(経営改善サポート保証)等を活用した再生支援に取り組む。
  • 条件変更対応先については、企業訪問等を実施する中できめ細かくフォローし、経営の正常化及び代位弁済抑制に努める。
  • 中小企業・小規模事業者が抱える事業承継に係る諸課題に対し、関係機関と連携して迅速な対応に努める。
  • 中小企業・小規模事業者の経営改善を促す保証制度の開発・提供を行う。
  • 金融機関と連携・協力しつつ、経営者保証ガイドラインの適切な運用に努める。
(3)地方創生等への貢献を果たすための取り組みの推進
  • 創業チャレンジを促すためのセミナーや個別支援及び販路開拓等のためのビジネスマッチング等に参画する。
  • 起業を志す若者や女性等を対象とした説明会等により、起業マインドの醸成を図る。
  • 地方公共団体と連携を図り、地域の課題に対応した融資制度の創設についての協議や、制度改正への提案を行い、中小企業・小規模事業者の金融の円滑化に努める。
(4)関係機関と連携した支援への取り組みの推進
  • 関係機関と情報交換会等を実施し、連携した支援体制の構築を図るとともに、中小企業・小規模事業者の実状把握に努める。
  • 関係機関と連携を図り、相互の経営支援施策を有効活用し、中小企業・小規模事業者の実状に即した経営支援を行う。
(5)効率性を重視した管理回収の促進
  • 回収に係る初動を徹底し、効率的な回収に努めるとともに、回収の最大化を図る。
  • 一部弁済による連帯保証債務免除ガイドラインに沿った対応を積極的に行い、関係人の生活再生を図る。
  • 回収見込がない求償権については、求償権管理事務停止及び求償権整理を実施し、回収業務の効率化を図る。
  • サービサーとの連携を強化し、無担保債権の効率的な回収に努める。
  • 求償権消滅保証を活用した再生支援を実施し、事業継続先の再チャレンジを後押しする。
(6)コンプライアンスの徹底と危機管理体制の強化
  • 公的な保証機関としての使命や社会的責任を果たすため、コンプライアンスの徹底に取り組む。
  • 自然災害等の緊急時に備える訓練等を行い、危機管理体制の強化に努める。
  • 情報セキュリティ対策の強化を図り、機密事項の流出等を未然に防ぐ対策を講じる。
(7)業務運営の効率化及び分析業務の強化
  • 中小企業・小規模事業者の金融の円滑化に支障をきたさない様、予算管理体制を充実させる等、効率的な業務執行に努める。
  • 債権書類等のデータ化を計画的に実施し、業務の効率化を図る。
  • 分析業務を強化し、適切な状況把握に努める。
(8)人材の育成
  • 業務の多様化や高度化及び支援業務の拡充に柔軟に対応し、中小企業・小規模事業者をサポートできる人材の育成に取り組む。
(9)顧客サービスの向上と広報の充実
  • 顧客ニーズに対応したサービスの充実に努める。
  • 積極的な情報発信と広報活動を行い、協会業務のPRを図る。
タモツさんとヨウちゃんとシンくん

Pこのページの先頭に戻る