信用保証協会とは?

信用保証料

信用保証料

信用保証料(以下「保証料」という。)は、中小企業者と信用保証協会との信用保証委託契約に基づき、信用保証協会の保証をご利用いただく対価としてお支払いいただくものです。

この信用保証料は、信用保証協会の業務運営費、日本政策金融公庫への保険料、代位弁済の一部原資などに充てられています。

保証料率

中小企業者の経営状況に応じて、9段階に区分された料率体系を適用しており、料率区分は財務諸表の情報をCRD(注1)により評価して決定されます。 なお、特別小口保証、セーフティネット保証、流動資産担保融資保証などは9区分の料率体系によらず、一定の料率が適用されます。

イメージ

  • (注1)CRDとは、経済産業省の発案により、中小企業金融の円滑化を支援することを目的として創設された「中小企業信用リスク情報データベース(Credit Risk Database)」の略称で、中小企業の財務データを蓄積した日本最大のデータベースです。
  • (注2)特殊保証とは当座貸越根保証、事業者カードローン当座貸越根保証、手形割引根保証のことです。

保証料率決定のプロセス

イメージ

保証料の計算

・一括返済の場合
信用保証料=貸付金額×信用保証料率×保証期間(日)/365                                                    (注)保証期間(日)は「融資予定日の翌日」から「最終期限」までの日数とします。 【計 算 例】 貸 付 金 額  1,000万円 融資予定日  平成28年5月10日 最 終 期 限  平成28年11月10日 保 証 料 率  1.15% 1,000万円×1.15%×184(日)/365  = 57,972円   ・均等分割返済の場合(据置あり) 保証料=①+② ①据置期間部分の保証料=貸付金額×保証料率×据置期間(日)/365 ②分割返済部分の保証料=貸付金額×保証料率×(保証期間(日)-据置期間(日))/365×返済回数別係数   【計 算 例】 貸 付 金 額  1,000万円 融資予定日   平成28年5月10日(6か月据置)毎月20日返済 初回返済日   平成28年11月20日(据置期間194日) 最 終 期 日  平成31年4月20日(保証期間1,075日) 保 証 料 率  1.15% ①1,000万円×1.15%×194(日)/365=61,123円 ②1,000万円×1.15%×881(日)/365×0.55=152,666円 ①+②=213,789円

返済回数別係数

イメージ

Pこのページの先頭に戻る