中小企業会計に関する保証料割引の書式等の変更について

中小企業の会計処理に関する保証料割引について

標記中小企業の会計処理に関する保証料割引につきましては、平成18年5月23日より、「中小企業の会計に関する指針」の適用に関するチェックシートをご提出いただいた場合に、所定の保証料率から割引を行って参りましたが、平成25年4月1日より「中小企業の会計に関する基本要領」の適用に関するチェックシートへと取扱いが変わります

それに伴い書式も変更となり、4月1日以降に保証料の割引を受けるためにはいくつかの注意点があります。

①4月1日以降、従来使用してきた「中小企業の会計に関する指針」のチェックシートでは保証料の割引が受けられなくなります。

②チェックシートの書式は、全国信用保証協会連合会作成版(平成25年4月制定)と、日本税理士会連合会作成(平成24年3月公表)の2種類あり、どちらを使用しても構いません。また、従来は日本税理士会作成のチェックシートを使用した場合には「個人情報の同意書」を同時にご提出いただいており、保証協会連合会作成のチェックシートを使用した場合は「個人情報の同意書」は不要でしたが、4月1日以降はどちらのチェックシートの場合でも『「中小企業の会計に関する基本要領」に基づく保証料割引制度の利用に関する確認・同意書』の添付が必要となります。この書類には申込人の自署も必要です。

③現在保証を受けておられる方で、直近の決算書にて「中小企業の会計に関する指針」のチェックシートを既にご提出いただいている方も、4月1日以降のお申込の際に保証料の割引を受けるためには、再度「中小企業の会計に関する基本要領」のチェックシートをご提出いただく必要があります。

書式の雛形3種(HP上の金融機関専用書式集からダウンロードできます)

① 「中小企業の会計に関する基本要領」の適用に関するチェックシート全国信用保証協会連合会作成版(平成25年4月制定)

② 「中小企業の会計に関する基本要領」の適用に関するチェックシート日本税理士会連合会作成(平成24年3月公表)

③ 「中小企業の会計に関する基本要領」に基づく保証料割引制度の利用に関する確認・同意書

タモツさんとヨウちゃんとシンくん

Pこのページの先頭に戻る