海外との人の往来に関する手続きについて

 外国人の日本への入国につきまして、10月1日より、防疫措置を確約できる受入企業・団体がいること、訪日目的が観光以外であること、入国後14日間の自主隔離などの条件のもと、原則として全ての国・地域からの新規入国が可能となりました。
 また、シンガポールと韓国については、それぞれ9月18日、10月8日より、防疫措置を確約できる受入企業・団体がいること、ビジネス目的での渡航であること、入国後14日間の活動計画書の提出などの条件のもと、日本及び相手国において、入国後14日間も行動範囲を限定した形でのビジネス活動が可能となっております。
 これらに関し、必要な手続き、よくある質問が経済産業省HPにて紹介されていますので、ご覧ください。



【経済産業省HPへのリンク】
海外との人の往来の概要:https://www.meti.go.jp/covid-19/ourai.html
ビジネストラックの手続きについて:https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/1020bt.pdf
レジデンストラックの手続きについて:https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/1020Rt.pdf
よくある質問:https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/1020FAQ.pdf

※ビジネストラック=入国後14日間の自宅等待機期間中も行動範囲を限定した形でのビジネス活動を可能とするスキーム
※レジデンストラック=入国後14日間の自宅等待機は維持しつつ、「双方向」の往来を再開するスキーム

タモツさんとヨウちゃんとシンくん

Pこのページの先頭に戻る