令和元年台風第19号による災害にかかる災害関係保証の取扱いについて

 この度の災害により、令和元年11月1日付けで「令和元年10月11日から同月14日までの間の暴風雨及び豪雨による災害についての激甚災害並びにこれに対し適用すべき措置の指定に関する政令」が公布施行され、同災害が「激甚災害」として指定されました。
 これにより、以下のとおり災害関係保証の取扱が可能となりましたのでお知らせいたします。

災 害 名 令和元年10月11日から同月14日までの間の暴風雨及び豪雨による災害
制度名 災害関係保証
対象者 激甚災害による被災区域内に事業所を有し、直接被害を受けた方
資金使途 事業の再建に必要な運転資金および設備資金
保証限度額 2億8,000万円(一般保証・経営安定関連保証(SN4号)とは別枠)
保証期間 運転資金10年以内(据置期間1年以内)・設備資金15年以内(据置期間1年以内)
保証料率 0.9%
適用期間 令和元年10月11日から令和2年4月30日まで
必要書類 市町村長発行の罹災証明書

対象区域:岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、及び静岡県の区域

タモツさんとヨウちゃんとシンくん

Pこのページの先頭に戻る